イベントコンパニオンの仕事内容

コンパニオンなら大きな展示会場で働ける

イベント「コンパニオン」イベントコンパニオンお仕事

例えば大きな展示会場では、来場受付をしてお客様にバンドをお渡ししたり、各企業のブースで前を通る人にノベルティを渡してアンケートを記入してもらったりしました。
無言で立ちっぱなしだと時間がなかなか過ぎないうえに夕方には足が棒になってしまい、だるくて重くてつらいので、狭い範囲でもなるべく歩いて呼び込みをしたり、お子さまの目線に合わせてしゃがんだりして足を動かしていました。
思い出に残っているのは、有名なメーカーの車の販売店で大きなお店がオープンしたときです。
広告が大々的に行われ、来店するお客様にいろいろなサービスを行います。
エステ専門店による手のマッサージや整体師の整体体験、縁日のようなゲームや綿菓子プレゼントなどもありましたが、私はタイヤのメーカー名がプリントされたコスチュームを着て、お客様にルーレットゲームをしてもらう担当でした。

来店したお客様やお子様に大きなルーレットを回してもらい、当たったプレゼントをお渡しするものです。
私はバルーンアートが得意だったので、惜しくも外れてしまったお子様には風船で作った剣をお渡ししました。
いつもの仕事よりもお客様の笑顔や喜びの声がすぐに返ってきたので、やりがいを感じました。
車の販売店のオープンと言うことで、車が安く買える日だったのだろうと思いますが、とても賑わっていたので昼間はお店の方と会話する事はほとんどありませんでしたが、夕方になって少し客足が少なくなると、お店の店長さんや営業の方や整備士の方に話しかけてもらえました。

大学生の頃イベントコンパニオンしましたコンパニオンなら大きな展示会場で働けるお客様の笑顔や喜びの声がすぐに返ってくる仕事